サイドビジネスとして人気

投入口

サイドビジネスとして人気のある自販機の設置

昨今では、オフィス内やや自分が所有している不動産内に、サイドビジネスとしてジュースの自販機を設置する人が増えてきています。所有している不動産内なら、飲料メーカーに依頼すれば、自販機は無料で設置してもらうことができます。それでいて、そのジュースの売り上げの一部は、自分のものにすることができるのです。メーカーに依頼するだけで、それ以降は利益が勝手に入ってくる状態になるわけです。そのため自販機の設置は、その手軽さからサイドビジネスとして非常に高い人気があります。特に、学校や公園など人が多く集まる場所の近くの不動産を所有している人にとっては、大きな利益が期待できるサイドビジネスとなります。中には、数多くの自販機を設置することで、その利益のみで生活をしている人もいます。

工夫次第で利益を増やすことが可能です

自販機を設置すれば、そこで売れたジュースの価格のだいたい3割くらいを、自分の利益とすることができます。1本100円のジュースの場合、約30円が利益となるわけです。毎日100本ずつ売れたとすると、1ヶ月で10万円近くの利益を得ることができます。また、設置した自販機でのジュースの販売価格は、自分で決めることが可能です。そのため、通常は1本120円のジュースを、キャンペーンとして80円ほどで販売し、それによって客寄せをすることもできるのです。逆に、少々高めの価格設定にして、1本あたりの利益を増やすことも可能となっています。自分の工夫次第で、より多くの利益を出すことができるようになるわけです。自販機を動かすための電気代は負担することになりますが、だいたい月々3千円程度なので、利益を考えると負担は少ないと言えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加